ダークソウル3 パリィ

【ダークソウル3】パリィのコツと対策を動画で解説/対人編【PvP】

前作よりは格段にパリィがとり易くなって、3では対人戦におけるパリィの重要度がかなり増しています。その代わりスタブがかなりやり難いという話。

基本的に対人戦でのパリィはタイミングというよりも、読みがハマった時に決まる場合が多いです。

なのでNPCを相手にタイミングを練習しても、対人戦ではなかなか上手くとれるようにならなかったり。

攻撃してきそうな場面、引きそうな場面を場数を踏んで経験していくしかありません。なので、とにかく場数、とにかく経験と言われているんですね。

そこで今回は、対人戦でのパリィが決まりやすいシチュエーションを動画付きでまとめました。知っていると知っていないとでは、戦い方がかなり変わってくるはず。

Sponsored Link

対人戦でのパリィの基本

対人戦でのパリィは、見てからとることが出来るのは大剣カテゴリ以上の振りが遅い武器だけです。

直剣や刺剣などの軽い武器はモーションが早いので、相手の攻撃が始まってからボタンを押したのではとても間に合いません。

そこで、相手の攻撃を予測して予めパリィを置いておきます。

基本的には距離が潰れた瞬間とローリング直後の2つのタイミングさえ意識していれば、後は相手が読み通り攻撃をしてくるかどうかです。

それでは早速、動画と一緒にシチュエーションを解説していきます。

パリィのコツ解説動画Part1

まずは動画を。雑多に対戦を載せていますが、パリィが成功したシチュエーションはたったの5つ。単純に距離が潰れてからのパリィはカウントしていません。

1、相手がこっちに向かってローリングしてくる場面

「とりあえずパリィを置いておく」ぐらいの認識で取れてしまうことも多いシチュエーション。ローリングからの攻撃のタイミングが読み易いので難易度も低いです。

パリィ不可の特大両手持ちでも取れてしまうので、ロリ攻撃を多用してくる人はパリィを狙ってる側からすればおいしい相手。

上手い人はやはりロリ攻撃のタイミングを図ってきますが、追撃のためだったり、スタミナ切れを狙って出が早い攻撃をしてきそうなど、相手の意図が読めれば成功率はあがります。

積極的に狙っていく場合は、遠距離攻撃や隙が少なくてリーチの長い武器でロリ攻撃を誘発するやり方も有効。

※パリィ対策
出が早く当てやすいロリ攻撃ですが、多様は禁物です。

コンボの流れの中に挟んだり、ロリR1ではなくフェイントでR2を使ったり、攻撃のタイミングを読まれない工夫が必要。

2、攻撃後のカウンター狙い

振って隙を見せて殴ってきたところをパリィ狙って一撃死。特大武器を片手に担いでる人のメイン戦術ですね。

スタミナ切れで反撃はないと踏んで攻撃してくる人も多いので、間合いがつぶれたタイミングやひるみが終わって相手が動き出すタイミングに置いておくとあっさり取れたりします。

※パリィ対策
R2などのディレイのある攻撃でタイミングをズラしたり、パリィを読んでスタブを狙うのも効果的。

特に致命での一撃死が怖い特大武器全般は振りを見てから避けるのが簡単なので、振ってきたらロリ攻撃、パリィしてきたらスタブ狙いといったように、相手の動きに合わせていく戦法が効果的です。

3、特大片手を見てからパリィ

特大片手はタイミングさえ覚えてしまえば見てから余裕で間に合います。難易度も高くないので、特大片手を振っている人がいたら練習のつもりで積極的に取りにいきましょう。

慣れれば成功率8割は超えてきます。

※パリィ対策
パリィ可能な装備を持っている相手に特大を片手で振ってはいけません。

4、ダッシュ攻撃をしてくる場面

闇霊に対して数の力の優位を過信して何も考えずに攻撃>ドゥン・・・。よく見られる光景ですね。侵入でパリィがきまる場面の8割はこれな気がします。

ダッシュ攻撃>パリィは間合いのつぶれ具合で完全にタイミングを読まれてしまうので、待ち構えてる相手にダッシュ攻撃は厳禁です。特大両手持ちも容赦なく取られます。

タイマンでダッシュでうろうろして攻撃のタイミングを読ませないように動いてくる場合は、振って誘って>パリィがよく決まります。

※パリィ対策
ロリ攻撃と一緒で、とにかくタイミングを読ませないこと。パリィを狙うほうからすれば、来ると分かっていれば置いておけば良いのでかなり簡単です。

vs特大武器は見てからローリングで避けるのが簡単なので、ダッシュで距離をつめてパリィを見たらスタブ狙うなりチェインで殴るなりも有効です。

5、突き系の戦技

一度タイミングを覚えてしまえば割と余裕で取れる突き系戦技。

竜狩りの槍、アストラ大剣、グンダの斧槍など、突き系の戦技が優秀な武器はどこかのタイミングで必ず出してくるので待ってればあっさり取れたりします。

※パリィ対策
個人的には突き戦技は見たらかなり高確立でパリィが取れるので、タイミングと距離を計るぐらいしか対策が思いつきません・・・。

取りにくいなと思うのは、通常攻撃にも意識を散らさないといけないゼロ距離からの攻撃とモーションが変わるぎりぎりの距離からの攻撃ですね。中距離での突き戦技には「待ってましたぁ!!」という気分。

もちろん、ミスって攻撃をくらってしまうこともありますが。

パリィのコツ解説動画Part2

Part2では上の5つにプラス3つのシチュエーションでパリィしています。

6、パリィ空振りの隙を狙ってくる攻撃をまたパリィ

相手がロリ攻撃にパリィを置いてくることを読んでいた場合、パリィ空振りさせたところを狙って攻撃をしてくるのでその攻撃を狙ってパリィします。

この方法は隙の少ないセスタスだからこそ。でもあんまり成功率は高くありません。HPに余裕がある時にダメ元で置いたらたまに成功するぐらい。

直剣などの出の早い武器は見てからは間に合わないので、既に距離が潰れている場面でのパリィは決まったらラッキーですね。

7、浮遊系の魔法を展開している場合

浮遊結晶や追うものたちを展開している人は、高確率でそれに合わせて攻撃してきます。間合いがつぶれたら殴ってくるので、そこに合わせてパリィを置いておけばあっさり取れます。

しかし、相手がもしフルブースト純魔であれば間違いなく結晶槍を合わせてくるので要注意。

※パリィ対策
ごめんなさい!魔法を対人で使ったことがないので良く分かりません!

8、居合い

出が早い(白目)ってぐらい取りやすい居合い。相手が一瞬かがんだタイミングでL2ポチ。相手は死ぬ。

※パリィ対策
居合いを見せすぎないこと。構えに入るとこっちが殴らない限りは居合いしか選択肢がないので、パリィを狙う側は攻撃の種類を絞ることが可能。

どんな武器にも言えることですが、色んなモーションを織り交ぜて攻撃の種類を読ませないのは非常に重要です。

まとめ

対人戦でパリィを練習していると「あ、なんかこういう場面よく取れるかも」みたいなシチュエーションが何個か浮かんできます。

そのうち得意な場面、苦手な場面がはっきりしてくるので、得意な場面では積極的に狙っていけば徐々に成功率が上がってきます。

対人戦でのパリィは、まずは自分が取れるシチュエーションとそうでないシチュエーションを知っていくのが早道だと思います。

練習を繰り返しているとなんとなく体に染み付く感覚もあり、成功する前から「これは取れる攻撃」みたいなのが分かってきて実際にその通りに取れてしまうこともよくあります。

とにかく練習あるのみですね!

Sponsored Link

十八

投稿者の過去記事

十八(とはち)と読みます。
ゲームは大好きですが、何をやっても中の上。
RPG,アクション,MMO,FPS,MOBA,シュミレーションなど、ジャンルを問わずに遊んでいます。
特にカスタマイズやビルドを考察する遊び方が好きで、雑な検証を繰り返しては3歩進んで2歩下がっています。

Archive

PAGE TOP