ダークソウル3 闇霊対策

【ダークソウル3】侵入する側が考えた闇霊対策Tips【やられてたまるか】

上級者の方には冒険のスパイスになってくれる闇霊ですが、初心者の方には恐怖の対象でしかない闇霊。

侵入のテロップが流れた途端に鼓動が早くなって、襲われたりしようもんならもうドキドキが止まらない・・・。

ダークソウルをプレイしたことがある人ならば、多くの人がそんな経験をしたことがあるはず。殺されれば悔しいし、折角貯めたソウルも落としてしまいます。

そこで、普段侵入する側でプレイしている闇霊の目線から初心者の人に向けて闇霊対策を考えてみました。

Sponsored Link

2種類の闇霊

ダークソウル3では、普通の赤い闇霊(以下“闇霊”)と紫の狂った闇霊(以下“紫霊”)の2種類の闇霊がいます。侵入をしたことがないとなかなかその違いが分からなかったりするので、まずは2種類の闇霊の違いを説明します。

基本的には同じものですが、大きな違いはそのターゲット。闇霊がホストをターゲットにしているのに対し、紫霊は単体、もしくは複数の霊体をターゲットにしています

なので、紫霊は霊体を突っ込ませて仮にその霊体が負けたとしても満足して帰ってくれるわけですね。

この違いは対策をする上でも大切なことなので、覚えておきましょう。

闇霊に帰ってもらうには

闇霊を撃退するには、大きく分けて2つの方法があります。

  • 倒す
  • 諦めて元の世界に帰ってもらう

倒す場合

闇霊にも始めて侵入します!という闇霊初心者の方から、何人ものホストを闇へ葬ってきた熟練の猛者までピンキリです。

突撃してきてホスト一行3人に袋叩きにされて死ぬ闇霊は恐るるに足りませんが、モブや地形を利用して狡猾に攻めてくる闇霊には細心の注意を払って対処しなければなりません。

具体的には1vs1では戦わない、前線を超えて孤立しない、モブを殴るときはカバーし合う、高い場所の下を通るときは上を警戒しておくetc…

いろいろとありますが、闇霊と戦うという選択肢を選んだときの対策をひとつずつ見ていきましょう。

1vs1では戦わない

1vs1は闇霊からしてみれば一気に難易度が下がるありがたいシチュエーションです。特にホスト自ら相手をしてくれる状況なんて願ったり叶ったり。

ホストは死んでしまったら終わりなので、他の霊体の援護が望めない状況ではコンタクトしないように心がけましょう。霊体に前衛を任せて援護に徹するぐらいの気持ちで良いと思います。

逆に闇霊を囲むように死角に回ろうとする動きは、侵入する側としてはかなり厄介です。

前線を越えて孤立しない

闇霊の周りにモブが大量にいる状況で、単身闇霊に突撃していって返り討ちに合うパターンは鉄板。

一人で前線を越えてしまうと敵の中で完全に孤立してしまうので、モブ+闇霊の集中攻撃にあってあっさり死にます。前線を越えるときは仲間と一緒に。

モブは遠距離攻撃で釣って確実に一匹ずつ処理していきましょう。

モブを殴るときはカバーし合う

敵がモブを殴っている所を狙うのは、闇霊の基本です。誰かがモブを殴りに行ったら、一緒にモブを殴るよりも周囲を警戒してカバーに入りましょう。

例え近くに姿が見えなくても、「幻視の指輪」で姿を消していたり、物陰に隠れていたりするものです。

高い場所の下は要注意

落下攻撃は闇霊の勝ちパターンのひとつ。高い場所の下を通過する時は最新の注意を払って進みましょう。

意外と盲点なのはリフトの上。屋根があるリフトはその上に乗ることが可能です。

ホストが乗る>遅れて屋根に乗る>降りたところを落下攻撃、というパターンは屋根付リフトショートカットが多い大書庫ではよく見られます。

パリィには特に気をつける

一人で複数を相手に立ち回る闇霊は、特大武器+パリィで一撃死を狙ってくる人も多くいます。

闇霊を見かけて意気揚々とダッシュ攻撃をしかけてくる人なんかは願ってもないカモです。

距離がつぶれたらすぐに殴る、ダッシュ攻撃、ローリング攻撃、これらの攻撃はパリィのリスクが大きいので避けたほうが無難。確実にパリィを避けるには何かしらの工夫が必要です。

パリィについては、コツと対策をまとめた記事があるのでそちらを参考にしてください。
【ダークソウル3】パリィのコツと対策を動画で解説/対人編【PvP】

諦めて帰ってもらう場合

真っ向から戦うという選択肢以外にも、隠れる、攻略を諦めて待つ、巨人樹の種でモブに処理してもらう等、様々な対策があります。

ここでは戦う以外の選択肢をまとめました。

「幻い白枝」や「擬態」で隠れる

「幻い白枝」というアイテムで、そのステージに“ふさわしい何か”に変身することが出来ます。

墓石だったり、椅子だったり、蜀台だったり。闇霊は戦闘狂が多いので、これを使って隠れていれば早々に諦めて次に行ってくれるケースも多いです。

ちなみに、不死街の巨人からもらえる別スタックの「幼い白枝」は友情の証なので、使ったりしてなくすとまた槍を投げてくるようになります。

持っていると2週目の不死街がかなり楽なので使わないようにしましょう。

巨人樹の種でモブに処理してもらう

祭祀場から塔へ向かう巨人樹から時々拾える「巨人樹の種」というアイテムでモブと闇霊を敵対させてしまうとかなり楽になります。

諦めて元の世界へ帰る闇霊も多いです。モブのところに逃げた闇霊は結構すぐ死にます。

ちなみに私は、侵入してすぐ巨人樹の種を見たら無害な闇霊を装ってホスト一行に取り入ろうと試みます。なので闇霊は絶対に信用してはいけません。

それが無理だったら幻視の指輪を装備して逃げつつ後ろから孤立した人を狙います。

篝火まで逃げる

なんとも味気ないですが、篝火まで逃げて死ぬというのも手と言えば手です。篝火までいけばソウルの回収は楽ですからね。

特に序盤はソウルレベルを低く抑えて、強力な装備や指輪、魔法を揃えてから、7本の最大強化エスト瓶まで携えて初心者を狙う闇霊、通称:初心者狩りと呼ばれる下衆い連中もいたりします。

回復量のしょぼいエスト瓶4、5本、装備も数えるほどしかない序盤でそんなのに出くわしたら何をどうしたところで絶対に勝てないので、戦うのを諦めるのも選択肢。

霊体を差し出す

紫霊が相手であれば、篝火から無限に霊体を召喚して順番に差し出していくのも手です。

「干からびた指」を使っていなければ、2体ほど殺せば満足して帰っていくはず。

どちらにしてもホストが倒れてしまえば試合終了なので、自分がホストの場合はあまり積極的に攻めるのはお勧めしません。

まとめ

というわけで、闇霊対策tipsとして闇霊との戦い方をまとめてみました。

基本的なことだけをまとめましたが、発想と想像力で闇霊対策を楽しんでいるプレイヤーも数多くいます。闇霊対策を楽しんでいる例として動画をいくつか紹介します。面白いので暇があれば見てみてください。

こうしていろんな遊び方が出来るのがソウルシリーズの面白いところなので、闇霊対策もぜひ楽しんでもらえたらと思います。

Sponsored Link

十八

投稿者の過去記事

十八(とはち)と読みます。
ゲームは大好きですが、何をやっても中の上。
RPG,アクション,MMO,FPS,MOBA,シュミレーションなど、ジャンルを問わずに遊んでいます。
特にカスタマイズやビルドを考察する遊び方が好きで、雑な検証を繰り返しては3歩進んで2歩下がっています。

Archive

PAGE TOP